FC2ブログ

記事一覧

品格ってなんだろう?


お相撲さんのことは詳しくないのですが‥


最近よく耳にする「品格」という言葉が気になりました。



ブランクがありつつ、武道歴30年ほどです。


今は、たまに一人で黙々と練習する程度ですが、


もう試験は受けないだろうと、しまい込んでた武道の資料を引っ張り出しました。



f7377c0843d37163d040ccbfea4ce575_s.jpg


「品格」は武道と切り離せない言葉。


昇段試験では、上にあがるほど品格についての問いがありました。


技と同じく大切なことですが‥


恥ずかしながら、試験を受けなくなってから、特別意識することはありませんでした。



資料を開き、目についた言葉が、


「勝つことだけに心とらわれることは醜いこと。日常生活でも同じ」と。




心と技は常に一体で、どちらがかけても武道ではないのですよね。


他のスポーツでも言えることかもしれません。




日常での品格、武道の品格


5923db1534b5569d08dfc2a226c2ee03_s.jpg


品格について書かれた本はたくさんあります。


悪口を言わない。食事のマナー。大きな声で話さない、笑わない‥など。


日常生活で役立つ礼儀作法や考え方。




武道でいう品格は、もう少しストイックです。


品行方正。技を磨き、心を磨くこと。


品格は人間の内的な面が表に現れるものだから、高段位になるほど、


日常生活においても、その心が表に現れるよう努力する‥というような。



難しいです(笑




本当の品格とは


63b5ad9643d769de90a451bce5643f84_s.jpg


昭和の横綱大鵬さんは、誤審で負け、連勝記録が途切れてしまった時、


「あんな(間違えられるような)相撲をとった自分が悪い」と言ったそうです。



こんなことが言えるのは、誰かに教えられて身につけられるものではなく、


鍛錬してきたからこその言葉か、生まれながらに持ってるその方の本質なのか。


相撲がわからない私でもグッときます。


「いさぎよさ」は武道の美徳。




不条理で許しがたいことが起きた時こそ、本当の品格が問われるのだと思います。


どんな時も、冷静さと心の広さ優しさを持ち続けられるだろうか?


まだまだな自分。



武道から離れても、謙虚さと自己反省だけは忘れないでいよう。


それが「品格」への道だと信じます。





にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

may*

Author:may*
住まいと心を整えるブログです。
少ないモノ、シンプルな思考。
ふわっと心が軽くなる暮らしを目指します。

最新記事

ブログランキング

フリーエリア