記事一覧

つらい時、ふと思い出す映画。


もう12月。


師走だから‥というわけではないのですが、


先月から色々なことがあり、気持ちがザワザワしています。




身内の体調が芳しくなかったり、


友人達から、介護や、人間関係などの相談を受けたり。


みなそれぞれ、気持ちを切り替えながら、頑張ってますよね。



0f07d49696ac23eac6dd82f06a3d8a046_s.jpg


以前の私は、辛い事があると、ストレスがピークになるまで考え、


最後は、朝、布団から出られなくなるという事もありました。


「もう無理」と、心が悲鳴をあげるまで、考えすぎていたんです。


気持ちを立て直すのに、とても時間がかかっていました。




今は、努力してもどうしようもないことは、出来るだけ考えないようにしています。


そのうち、ふと答えが見つかったり、


違う視点でみることが出来るようになるのを、静かに待ちます。


若い頃より、少しだけ器用になれたかなぁ。


そう思いたい。




ただ、考えないようにしていても、たまに一杯になってしまうときもあります。


そんな時、思い出すのが5年ほど前に観た映画


ジブリの「コクリコ坂から」です。







主人公の女の子は、毎朝、同じルーティン。


早起きして、ご飯を炊き、亡きお父さんへ水やお花をあげ、庭の旗を揚げます。


それは、どんなに気持ちが落ちてても変わりません。



辛いことがあった日の夜、布団の中で泣きながら眠りについても、翌朝、


いつものように早く起き、髪を整え、ルーティンを守り、登校するシーンがあるのですが‥




これがとても印象的。


心が重く辛い朝に、この場面を不思議と思い出します。


ヒロインの子のけなげさが、記憶に残ったのかもしれません。



be221d8baecdae87fba0dd46d01990bc_s.jpg


泣き続けても、眠り続けても何も変わらない。


変わらないなら、起きて、いつものように一日を送る。


辛いときでも、日々の生活を繰り返すことが、生きるということだと思います。




朝起きて、水を飲み、植物の水やりをして、温かい飲み物と朝食をとる。


動くことで心が軽くなる、新しい道が見つかる、気持ちを切り替えることができる。



日常を繰り返せることは、それだけで幸せなことですよね。


そんなシンプルなことに、気づけた映画です。




↓思考も暮らしもシンプルに。

にほんブログ村テーマ
断捨離できないもの、残したいもの


ココロの断捨離


ミニマリストな生活 & シンプルライフ



にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 素敵なブログ記事でした

キキさま、こんにちは♪
返信遅くなり申し訳ありません。
記事に興味を持っていただき
とてもうれしいです。
ご紹介ありがとうございます。
またぜひ、遊びに来てください。
丁寧なご連絡、ありがとうございました♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

may*

Author:may*
住まいと心を整えるブログです。
少ないモノ、シンプルな思考。
ふわっと心が軽くなる暮らしを目指します。

最新記事

ブログランキング

フリーエリア